他覚的耳鳴

耳鳴りは大きく分けて2種類存在します。

ここではその2種類の中の「他覚的耳鳴」について紹介していきましょう。

他覚的耳鳴とは、どういった耳鳴りなのか?
その原因は何なのか?
詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

他覚的耳鳴とは!?

耳鳴りというと、周囲に原因となる音源がないにも関わらず自分だけに聞こえてくる音というイメージを持たれがちですが、他人でも聞くことのできる耳鳴りも存在し、こうした耳鳴りを「他覚的耳鳴」といいます。

他人でも聞くことができるといっても、近くにいて同じ音が聞き取れるという訳ではなく、聴診器やチューブなどを使って耳鳴りのする方の耳の音を聞くと聞こえてくるということですね。

その為、他覚的耳鳴の場合、どういった音がどのように聞こえるのかを医師が確認することができる訳です。

他覚的耳鳴の原因

他覚的耳鳴の場合、音の聞こえ方によって原因を大きく分けて2つに絞ることができます。

では、それぞれの聞こえ方の特徴から原因を見ていきましょう。

一定のリズムで間欠的に聞こえてくる耳鳴り

「コツコツコツ・・・」「トクトクトク・・・」など一定のリズムで脈を打つように聞こえてくる耳鳴りの場合、喉や耳周辺の筋肉が痙攣することが原因で起こるといわれています。

他にも飲食などで飲み込む動作をした時に「ピチャピチャ」と音がする場合も間欠的に聞こえてくる耳鳴りに該当します。

音が途切れることなく持続的に聞こえてくる耳鳴り

「サーーー・・・」「ザーーー・・・」など音が途切れずに持続して聞こえてくる耳鳴りの場合、耳の周辺にある静脈や動脈に流れる血液の音が聞こえている状態です。

血液の音が聞こえてくる原因としては、高血圧などの循環障害や脳動脈瘤や動静脈瘻、心臓弁膜症などの血流異常が挙げられます。

こうした病気があることが分かっている方の場合は、その病気の症状の一つである可能性が高いといえますが、念のため、主治医に相談されると良いでしょう。

他覚的耳鳴を改善するには!?

他覚的耳鳴の場合、その原因を大きく分けて2つ存在し、改善法を原因によって変わってきます。

ではそれぞれどういった改善策を取るのか?
見ていきましょう。

間欠的に聞こえてくる耳鳴りの場合

間欠的な耳鳴りの場合、原因は筋肉の痙攣となりますので病院での治療では筋肉の緊張を取り除く薬の投与や筋肉の腱を切る手術などを行なうのが一般的です。

持続的に聞こえてくる耳鳴りの場合

持続的な耳鳴りの場合、原因は循環障害や血流異常となりますので、一番の改善策は原因となる病気の治療を行うことだといえます。

また、現時点では特に持病はないという方の場合でも、必要に応じて検査してもらうことができますし、そこで病気が発見できれば病気に対する治療を受けることができますので、持続的な耳鳴りが続く場合は、早めに病院を受診されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ