生理中の耳鳴り

女性の中には、普段は耳鳴りの症状は全くといって良いほどないものの生理中や生理前になると耳鳴りの症状が現れるという方も少なくありません。

生理中や生理前などに限定している為、生理と何らかの関係があるのではないのか?ということは想像できますが、やはりこうした症状が続くと心配になってしまいますよね。

では何故、生理中や生理前になると耳鳴りが起こるのか?
その原因と改善策について紹介していきましょう。

生理中の耳鳴りの原因

生理中や生理前になると耳鳴りの症状が現れるという女性がいますね。

生理中や生理前は他にも身体の不調や不快症状なども現れる場合が多く、何とかならないものかとお悩みの方も少なくありません。

では何故、生理中や生理前になると耳鳴りが起こるのでしょう。

その大きな原因はホルモンバランスにあると考えられます。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンがあり、生理開始から排卵期まではエストロゲンが、排卵期から生理開始直後まではプロゲステロンが優位に立って分泌されます。

生理周期で考えると、生理開始から排卵期にかけて大きな山ができるのがエストロゲン、その後、エストロゲンの山の下降に合わせてプロゲステロンが大きな山を作るといったイメージです。

女性ホルモンの分泌は、脳にある脳下垂体という部位によってコントロールされていますが、この脳下垂体のすぐ近くには自律神経をコントロールする視床下部が存在します。

並ぶように存在する脳下垂体と視床下部はお互いがお互いの影響を受けやすくなる為、生理前や生理中など女性ホルモンのバランスが変動することで視床下部が影響を受け自律神経のバランスが乱れやすくなってしまう訳です。

そして、耳鳴りの原因の一つには自律神経の乱れがあります。
ということは?
女性ホルモンの変動によって自律神経の乱れが起こることで耳鳴りの症状を起こしてしまうことがあるということなんですね。

生理中の耳鳴りを改善するには!?

前述したように、生理中や生理前に起こる耳鳴りは、女性ホルモンの変動が大きく影響しています。

しかし、女性ホルモンの変動というのは、生理のある年代且つ健康な女性なら誰でも起こることですね。

そうなると、生理中や生理前の耳鳴りの改善は難しいのか?と考えてしまうことでしょう。

生理中や生理前の耳鳴りについては、諦める他ないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

確かに、生理中や生理前の耳鳴りは女性ホルモンの変動が大きく関係していますが、全ての女性に当てはまるか?と考えるとそうではない訳です。

その違いは何なのか?

日頃から食生活の乱れや睡眠不足、ストレス過多、といった生活習慣が慢性化していると自律神経のバランスが崩れやすくなってしまう為、女性ホルモンの変動が起こることで影響を受けやすくなってしまいます。

つまり、女性ホルモンの変動によって自律神経が影響を受けやすくなるものの、生活習慣の乱れを改善することで自律神経が影響を受けにくく耳鳴りを改善できる可能性があるということなのです。

生理中や生理前の耳鳴りの症状にお悩みの方の場合、まずはご自身の生活習慣を見直すことから始めることをおすすめします。

また、生活習慣を見直しても改善が見られない場合には、念のため、医師に相談されると良いでしょう。

このページの先頭へ