耳鳴りの補聴器による治療

耳鳴りの治療法はいくつか存在しますが、その中の一つに補聴器を使った治療があります。

補聴器というと、音があまり良く聞こえない方が使用するという印象がありますが、耳鳴りにどういった効果があるのでしょう?

補聴器を使った治療とはどんな治療法なのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

補聴器による治療ってどんな治療!?

耳鳴りの治療法の一つに補聴器を使った治療があります。

補聴器というと、難聴の方が聞こえにくい音を聞こえやすくする為の器機というイメージですが、耳鳴りの治療に使用される補聴器は、少し違ったものなのです。

正しくは「サウンドジェネレーター(音響治療器)」といって、一般的な補聴器のように周囲の音を増幅して聞こえやすくするのではなく、耳鳴りから意識を逸らす為に小さな騒音(治療音)を発生させています。

見た目は補聴器とあまり変わらないのですが、働きが大きく違うということですね。

耳から入ってきた音は信号のように変換され脳で認識しますが、実は耳鳴りというのは、本人にとってはとても耳障りだったり気になる音に聞こえている反面、脳に伝わる信号はあまり強いものではありません。

その為、サウンドジェネレーターを使用し耳鳴りの音とはタイプの違う音を聞くことで脳は耳鳴りの音をあまり意識しなくなり耳鳴りの症状が緩和されるということなのです。

耳鳴りの種類によっては、耳鳴りを改善させることが困難なものもありますが、サウンドジェネレーターを使うことで、耳鳴りの音を意識しなくて済むようになりますので、耳鳴りの症状に苦しんでいる方にとってとても有効な治療法の一つだと言えるでしょう。

補聴器を使っている方の場合

サウンドジェネレーターは、補聴器のような形状をしているものの働きは補聴器とは大きく違います。

その為、補聴器を使用されていない方にとっては良いのですが、補聴器を使用されている方にとっては、補聴器とサウンドジェネレーターを同時に使用することができません。

このように、現在補聴器を使用しており耳鳴りの症状に悩んでいる場合、どうしたら良いのでしょう?

「耳鳴り治療器機能付き補聴器」を使用されることをおすすめします。

耳鳴り治療器機能付き補聴器とは、その名の通り耳鳴り治療器、即ちサウンドジェネレーター機能の付いた補聴器です。

以前は、補聴器を使っており耳鳴りの症状にもお悩みの方の場合、補聴器とサウンドジェネレーターを付け替えて使用する必要がありました。

しかし、これだと非常に面倒な上、2台を持ち運ぶ必要があり不便だった訳です。

そこで、発売されたのが「耳鳴り治療器機能付き補聴器」です。

サウンドジェネレーター機能と補聴器の機能を合わせ持ったこの耳鳴り治療機能付き補聴器なら、1台でどちらの機能も持っている上、切り替え操作を行なうだけでサウンドジェネレーターと補聴器を切り替えることができますので簡単ですね。

補聴器を使用されており、耳鳴りの症状にお悩みの方には是非、この耳鳴り治療器機能付き補聴器をおすすめします。

このページの先頭へ