耳鳴りと薬剤性内耳障害

今まで耳鳴りの症状は全くなかったのに、他の病気によって薬の服用を始めたら耳鳴りが起こるようになったという方へ。

その耳鳴りは薬剤性内耳障害の可能性がありますので、早急に服用中の薬剤若しくはお薬手帳を持参して病院を受診されることをおすすめします。

注射によって起こった場合には、診療明細書を持参すると良いでしょう。

薬剤性内耳障害とはどういった病気なのか?
何故、早急に病院を受診する必要があるのか?
紹介していきましょう。

スポンサードリンク

薬剤性内耳障害ってどんな病気!?

薬剤性内耳障害とは、その名の通り服用した薬剤の副作用で起こる内耳障害を指します。

内耳障害とは、耳鳴りや難聴、めまいなどといった症状をいい、投薬の副作用によって起こった内耳障害を薬剤性内耳障害というのです。

では、具体的にどういった薬剤の副作用で内耳障害が起こるのか?
見ていきましょう。

抗生物質

ストレプトマイシンやカナマイシン、フラジオマイシン、ゲンタマイシンなどといった抗生物質の副作用として内耳障害が挙げられます。

利尿剤

フロセミド、エタクリン酸など利尿作用のある薬剤の副作用として内耳障害が挙げられます。

鎮痛剤

様々な痛みを取り除く作用のあるアスピリンや麻酔用鎮痛剤や痛みを取り除く貼付薬として使われるフェンタニルなどの副作用に内耳障害が挙げられます。

抗癌剤

シスプラチンやナイトロジェンマスタードなどといった抗がん剤の副作用として内耳障害が挙げられます。

抗結核剤

シスプラチンやナイトロジェンマスタードなど、結核の治療に陥られる薬剤の副作用として内耳障害があります。

上記で紹介した薬剤は、薬剤性内耳障害を引き起こす可能性のある薬剤の一部ですが、注射や服薬など薬剤を使ってから耳鳴りを始めとする内耳障害が現れた場合には、薬の副作用である可能性があることを視野に入れ、早急に病院を受診しましょう。

薬剤性内耳障害の治療

薬剤を服用してから耳鳴りや難聴、めまいといった内耳障害が起こった場合、薬剤の使用中止はもちろん、早急に病院を受診する必要があるといえます。

では薬剤性内耳障害になってしまった場合、どのような治療を行なうのでしょう。

薬剤性内耳障害の場合、その原因は症状を引き起こしてしまった薬剤となりますので、直ちに原因となる薬剤の使用を中止します。

ただ、内耳障害が出ているということは、既に内耳に何らかのダメージを与えてしまっているということですので、代謝賦活剤や血行改善剤などを服用しながら様子を見ますが、残念ながら内耳にある感覚細胞は再生しない為、現状より回復するのは難しいことがほとんどです。

その為、薬剤性内耳障害と診断されたら、これ以上悪化しないよう原因となる薬剤の中止と同時に定期的な検査を行ない予防を行なうことが大切だといえるでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ