耳鳴りと女性更年期障害

昔はなかったのに40~50代になってから急に耳鳴りが起こるようになったという女性は、意外と多いと言われています。

更年期障害。
一度は耳にした経験のある方も多いのではないでしょうか?

実は、更年期障害の症状の一つに耳鳴りがあるのです。

では、女性の更年期障害にはどんな症状があるのか?
また、その原因は何なのか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

女性更年期障害ってどんな病気!?

女性更年期障害とは、閉経前後10年に起こりやすい様々な体調トラブルが起こる病気をいいます。

主な症状としては、

運動器官系の症状

肩こり、首のこり、腰痛、手足のしびれ

精神的症状

イライラ、不安感、憂鬱、神経質、睡眠障害、意欲低下

生殖器系の症状

月経異常、不正出血

消化器系の症状

吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、下痢

その他の症状

火照り、逆上せ、動悸、脈が早まる、多汗、めまい、耳鳴り、だるい、体重増加、体重減少、むくみ、冷え

などが挙げられます。

症状の出方には個人差があり、全ての症状が現れるという訳ではありませんし、人によっては他に気になる症状がない為、更年期障害だと自覚されていない方も少なくないのです。

では何故、更年期障害が起こるのか?

原因としては、年齢によって卵巣機能が衰えることで女性ホルモンの分泌量が減少しホルモンバランスに乱れが生じることだといえます。

ホルモンバランスが乱れることで様々な不調が起こりやすくなることに加え、ホルモンバランスと影響し合っている自律神経のバランスも乱れやすくなってしまう為、体調不良が起こりやすくなってしまうのです。

更に、個人差はあるものの卵巣機能が衰える40代半ば~50代半ばくらいまでの女性の多くは、子供の独立や夫の定年、親の介護、仕事をされている方であれば、責任のある仕事を任されるなど急激に生活のリズムが変わる年齢とも重なる為、こうしたストレスも影響し、様々な体調不良を起こしやすくなってしまいます。

但し、上記に挙げた症状に該当するから更年期障害だと決めつけるのは良くありません。

というのも、更年期障害の症状の中には、他の病気の症状とよく似た症状も含まれているからです。

その為「更年期障害だから・・・」とそのまま放置せず、症状が続くようであれば早めに医師に相談されることをおすすめします。

女性更年期障害の治療

誰にでも訪れる更年期障害。

人によって症状の差はあるものの、体調不良が続くのはとても辛いことですね。

また、日本人女性は更年期障害の症状を自覚していても「更年期障害だから・・・」と諦めてしまう方も多いと言われています。

しかし、更年期障害は治療を行なうことで症状を緩和させたり、改善させることができる病気です。

更年期障害の場合、年齢を重ねることで症状も改善されていきますが、更年期障害が起こりやすい期間は閉経前後10年ととても長い為、10年間も症状に苦しむくらいなら、症状の緩和や改善を目指す方が心身ともに良いと言えるでしょう。

では、更年期障害の治療ではどんなことをするのか?

基本的には注射によって女性ホルモンを補充する治療や漢方薬や低用量ピルなどを服用してホルモンバランスを安定させる治療を行ないます。

更年期障害の場合、症状は様々ですがその原因はホルモンバランスの不安定ですので、ホルモンバランスを安定させることで様々な不調を緩和、改善することができるのです。

他にも民間療法として、サプリメントや健康食品の利用、鍼灸といったツボ治療なども有効とされていますので、ご自身の体調を見ながらご自身に一番合った改善法を実践されると良いでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ