耳鳴りと男性更年期障害

更年期障害というと女性というイメージを持たれがちですが、女性だけでなく男性にも更年期障害は存在します。

男性の場合、個人差はあるものの一般的に40代後半~50代前半にかけて様々な症状が現れやすいと言われており、その症状の一つに耳鳴りがあるのです。

40代後半~50代前半くらいの男性で最近になって耳鳴りが起こるようになったという方の場合、一つの可能性として更年期障害が原因となっているケースもあります。

では、男性更年期障害とはどういった病気なのか?
その原因と治療法について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

男性更年期障害ってどんな病気!?

男性更年期障害とは、40代後半~50代前半にかけて様々な体調不良が起こる病気をいいます。

症状の出方には個人差があり、生活に支障が出てしまう程の不調が起こる方もいれば全く何も症状がないという方まで様々です。

主な症状としては、

火照りや逆上せ、動悸、脈が早まる、多汗、耳鳴りやめまい、体重増加、体重減少、だるい、むくみ、冷え、睡眠障害、憂鬱感などが挙げられます。

他にも男性特有の症状として、

  • 性機能減退
  • 性欲の低下
  • ED(勃起不全)
  • 筋力の衰え
  • 集中力の低下

などもありますが、全ての症状が現れるという訳ではなく、人によって症状の出方は様々です。

原因としては、テストステロンという男性ホルモンの分泌量が減少することだと言われています。

テストステロンの分泌量は20~30代をピークに、その後は徐々に下降していくのですが、低下するに従って様々な体調不良を起こしやすくなり、40代後半~50代後半頃になると体調不良が起こりやすくなる傾向にあるのです。

また、テストステロンの分泌量低下だけでなく、他にも疲労やストレスなども影響して体調不良が起こりやすくなってしまいます。

但し、上記に挙げた症状があれば必ず更年期障害であるという訳ではありませんので、注意が必要です。

上記に挙げた症状の中には、更年期障害だけでなく他の病気の症状と似た症状も含まれています。

その為、更年期障害だからと決め付けてそのまま症状を放置してしまうと、もしその症状が他の病気が原因であった場合、病気に気づかず放置してしまうことになりますので、気になる症状がある場合には、一度医師に相談されると良いでしょう。

男性更年期障害の治療

症状の出方には個人差があるものの、日常生活に支障が出てしまうような症状や毎日気になる症状が続くのは辛いことですね。

また、男性更年期障害が起こりやすい年齢は、仕事でも責任のある仕事を任せられる年齢とも重なる為、仕事に影響が出てしまうという方も珍しくありません。

そんな男性更年期障害の治療ではどんなことを行なうのでしょう?

男性更年期障害の治療では、定期的に男性ホルモンを補充する治療を行なうのが一般的です。

筋肉注射や経口薬、塗り薬などを使用することが多く、中でも3~4週間毎に行なう筋肉注射による補充が最もポピュラーな治療法と言えるでしょう。

但し、男性ホルモンを補充する治療では副作用にも気を付けなくてはなりません。

特に前立腺がんの方や前立腺がんが疑われている方、罹患する可能性が高い方の場合、男性ホルモンを補充することで更に悪化させてしまう危険が伴いますので、こうした場合の方は医師と相談しながら治療を行なうことになります。

他にも民間療法として、サプリメントや健康食品、鍼灸によるツボ治療なども人によっては有効に働くケースもありますので、ご自身にあった改善法を実践されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ