耳鳴りと自律神経失調症

  • LINEで送る

耳鳴りが気になり病院を受診したけれど、特に異常は見当たらなかったという方も少なくありませんね。

しかし、身体に異常がないということは、嬉しいことである反面、耳鳴りの症状を始め体調トラブルが起こっているというのは不安に感じることでしょう。

病院で一通りの検査を行なっても特に異常はないにも関わらず、耳鳴りの症状がある場合、その裏には自律神経失調症が隠れているケースも珍しくありません。

スポンサードリンク

自律神経失調症ってどんな病気!?

自律神経失調症。
一度くらいは見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか?

自律神経失調症とは、病院で不調に対する検査を行なっても特に異常は見つからないのに様々な体調不良を起こす病気のことをいいます。

症状の出方には個人差があり、耳鳴りを始め運動をしていないのに動悸や息切れがする、頻繁に頭痛が起こる、吐き気や食欲不振、肩こり、めまい、睡眠障害など人によって様々です。

中には、生活に支障が出てしまうほどの体調不良に悩む方も珍しくありませんが、異常がない以上は症状に対する治療が難しいのが現状です。

では何故、自律神経失調症になってしまうのか?

自律神経失調症の大きな原因は、ストレスだと言われています。

ストレスというと、精神的な部分をイメージされがちですが、ストレスには4通りあります。

  • 精神的なストレス・・・一般的にストレスと呼ばれるもの。
  • 構造的ストレス・・・骨盤のゆがみなどが原因となり、脳や体に負担が掛かりストレスとなります。
  • 化学的ストレス・・・排気ガスや環境ホルモン、食生活によって得る栄養バランスの乱れなども身体にとってはストレスとなります。
  • 環境的ストレス・・・暑い、寒い、湿度が高いなども身体にとってはストレスとなります。

自律神経失調症の場合、こうしたストレスがきっかけとなり交感神経と副交感神経のバランスが崩れ様々な体調不良を引き起こしてしまうのです。

自律神経失調症の治療

自律神経失調症の場合、様々な体調不良は起っているものの検査を行なっても特に異常がない為、症状に対する治療を行うことはできません。

例えば、耳鳴りが起こっていても耳に異常がある訳ではありませんので、耳鳴りの治療を行なっても改善されないということですね。

こんな風に書いてしまうと、身体に異常がないのであれば症状を改善することはできないのか?と不安に思われる方も多いでしょう。

しかし、安心して下さい。

自律神経失調症の方の場合、症状に対する治療をしても症状はあまり改善されませんが、自律神経失調症に対する治療を行なうことで耳鳴りを始めとする様々な症状を改善することができます。

では具体的にどういった治療を行なうのか?

自律神経失調症の場合、治療法は大きく分けて3つ存在します。

1、薬物療法

自律神経調整剤といって自律神経に働きかける薬が処方されます。
精神的ストレス以外のストレスに対しても有効で副作用が少ない為、長期的な服用が可能です。

他にも精神的ストレスが原因となっている場合、安定剤などを使用することでストレスが緩和され症状が改善されるケースもあります。

また、漢方薬を使って体質改善を行なうことも効果的だと言われています。

2、東洋医学的治療

鍼灸や気功といった民間療法ですね。
東洋医学的治療は自律神経に働きかけるものが多い為、継続して治療を受けることで症状が緩和される方も珍しくありません。

3、心理的治療

カウンセリングや認知行動療法、家族療法など、ストレスに立ち向かえる心と身体を作るよう心理的な治療を行ないます。

精神的なストレスが原因の方はもちろんですが、精神的なストレスを自覚されていない方であっても辛い症状が続くと精神的な負担になってしまうものですね。

心理的治療を行うことで、ストレスをうまく交わせるようになり症状が改善される方も多いのです。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

このページの先頭へ