耳鳴りと耳管の病気

  • LINEで送る

耳鳴りの症状がある病気の中には耳管といって中耳(鼓室)と咽頭を繋ぐ管状の器官の病気が挙げられます。

耳管とは、鼓室の空気圧のバランスを取る働きや鼓室内に出る分泌物を咽頭に排出する役割を担っており、これら働きによって、空気中を伝わってくる音を聞こえやすくしています。

では耳鳴りの症状がある、耳管の病気について、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

耳管の病気ってどんな病気!?

耳鳴りを伴う耳管の病気として代表的な病気として「耳管機能不全」という病気が挙げられます。

耳管機能不全とは、通常は閉鎖していて必要に応じて開放するべき耳管の開放バランスが崩れてしまう病気で、「耳管狭窄症」と「耳管開放症」の2つに分かれます。

どちらの病気も上気道炎や副鼻腔炎に伴う後鼻漏、アデノイド肥大、腫瘍による機械的圧迫などが原因で発症し、症状としては耳閉感を訴える患者さんが多いのが特徴です。

また、耳管狭窄症では軽度難聴や滲出性中耳炎を併発するケースもあり、こうした症状の一つに耳鳴りが該当します。

更に、耳管開放症では自分の声が大きく響いて聞こえてきたり、「ゴーッ」という自分の呼吸音が聞こえることで耳鳴りではないか?と考える方も少なくありません。

耳管の病気の治療

耳鳴りを伴う耳管の病気として挙げられる「耳管機能不全」ですが、具体的にどういった治療を行なうのでしょう。

前述した通り、耳管機能不全は「耳管狭窄症」と「耳管開放症」の2つに分かれており、どちらの症状もよく似ていますが、治療法は少し変わってきます。

耳管狭窄症の場合

耳管狭窄症の治療では、耳管開口部の炎症を取り除く治療が基本となります。

原因となる鼻の処置や鼻からのネブライザー、中耳の貯留液を取り除く目的で耳管通気を行うのが一般的です。

但し耳管通気は、頻繁に行うと炎症を引き起こしてしまう可能性があり、医師は状況を見ながら治療を行ないます。

こうした治療によって症状が改善されない場合は、鼓膜換気チューブ留置術という手術にてシリコン製やテフロン製の小さな中空のチューブを小さく切開した鼓膜に留置することで改善を目指す方法もあります。

耳管開放症の場合

耳管開放症の治療では、軽症である場合、まずは生活指導と精神安定剤の服用で様子を見ることから始めます。

この方法で改善が見られる方も少なくありませんが、改善が見られなかった場合には次の手段として耳管開口部に薬液を噴霧してわざと炎症を起こし、狭窄させるという保存的治療が行なわれます。

但し、この保存的治療の場合、一時的な改善は見られるものの効果はあまり持続しない為、改善を目的とした治療とはなりません。

他にも、耳管狭窄症の治療同様、鼓膜換気チューブ留置術を行なうことで改善が見られるケースや耳管周囲への脂肪やコラーゲンの注入、ピンの挿入などによって改善が見られるケースもありますので、治療法については医師と相談されると良いでしょう。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

このページの先頭へ