耳鳴りと聴神経の病気

  • LINEで送る

耳鳴りの原因の一つには、聴神経といって内耳から聴覚と平衡覚を脳に伝える感覚神経の病気が関係しているケースもあります。

耳鳴りの症状を伴う聴神経の病気には、どういった病気があるのか?
また、聴神経の病気によって耳鳴りが起こっている場合、どういった治療を行なうのか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

聴神経の病気ってどんな病気!?

耳鳴りの症状を伴う病気の中には、「聴神経腫瘍」という病気が挙げられます。

聴神経とは、脳からは12対の神経が出ているのですが、聴神経とはその12対の神経のうちの一つです。

聴神経腫瘍とは、この聴神経を取り巻いている鞘のような部分に発生する良性腫瘍を指し、脳腫瘍の約10%はこの聴神経腫瘍だと言われています。

原因は未だ明らかになっていませんが、高たんぱく、高脂肪食品の過剰摂取や運動不足、喫煙などといった生活習慣が影響している場合と科学物質や放射線、病因微生物などによる影響ではないかと考えられています。

また、特殊な例として左右どちらかではなく、両方の聴神経に腫瘍が生じる「神経線維腫2型」というケースに関しては遺伝性の原因があることが分かっています。

代表的な症状としては、耳鳴りや聞こえが悪くなるといった難聴の症状が挙げられていますが、初期症状では耳鳴りや難聴の症状はなくめまいの症状に悩まれる方も少なくありません。

更に、良性腫瘍が近くにある神経を圧迫することによって顔面麻痺や顔面けいれん、味覚障害などの症状が現れるケースもあります。

聴神経の病気の治療

耳鳴りの症状を伴う聴神経の病気として「聴神経腫瘍」が挙げられますが、具体的にどういった治療を行なうのでしょう?

聴神経腫瘍の場合、比較的ゆっくりと進行していくのが特徴ですので、良性腫瘍が小さい場合やご高齢の患者さんの場合には、定期的な画像診断を行ない経過観察していきます。

良性腫瘍が大きくなり治療が必要となった場合には、手術療法や放射線療法を行なうのが一般的です。

手術療法では、他の脳神経に異常がないか詳しく検査した後、良性腫瘍がある部位を残像聴力を考慮しながら腫瘍を摘出します。

放射線療法では、ガンマナイフ治療といって病巣に集中的に放射線をあて破壊する治療を行なうのが一般的です。

この場合、手術療法と違って腫瘍を消失させるのではなく、腫瘍の増大を抑える目的で行ないます。

どちらの治療法を行なうかは良性腫瘍のある部位や患者さんの体調、年齢など総合的に見て医師が判断してくれますので、ご自身にとってどちらの治療が有効か?治療前に医師と良く相談されると良いでしょう。

  • LINEで送る

スポンサードリンク

このページの先頭へ